Home>マナー>葬儀の際にお花を贈る時のマナー

葬儀の際にお花を贈る時のマナー

供花のマナー

お花を贈るときは、供花の意向を伝えて、了解を得てから届けるようにしましょう。

葬儀は、宗教や宗派、地域によってしきたりが異なるため、事前にこちらの供花の意向を伝えて、お花を贈っても良いのかを伺い、遺族に了解を得てから届けるようにしましょう。

また、贈って良い場合でも、何かしきたりや注意するべき点があるかどうかを遺族に確認する必要があります。遺族の事情で、葬儀への供花を辞退された場合はそれに従うのがマナーだと心得ましょう。

生花、花輪、何れの供花をするにしても、葬儀の前日までには会場に届くように手配します。

最近は、会場のスペースや環境への配慮などにより、花輪を受け付けず、生花のみにしている会場もあります。
また、祭壇に飾られる供花は全体の統一感を考慮して葬儀社や、専門の生花店にまとめて依頼している場合もあるため、手配する前に遺族には必ず確認することをお勧めします。

供花した場合、香典は必要か?

沖縄では、供花・供物をしたときは、香典を持っていく必要はないとされている所もあります。しかし、 香典は1,000円~3,000円程度で、15,000円ほどの供花をするとされる所もあるようです。

いずれにしても、沖縄県内でも地域によって色々な違いがありますので、事前に確認することをおすすめします。

By | 2019-01-17T15:03:24+00:00 1月 17th, 2019|マナー|葬儀の際にお花を贈る時のマナー はコメントを受け付けていません。

About the Author:

Call:0120-858-069